ほしぐみ担任:妹尾 直子
インターネット通信 VOL.234(2019/2/1更新)

担任からのメッセージ

1月は“行く”2月は“逃げる”、3月は“去る”と言われるくらい、年があけてからの1カ月はあっという間でした。発表会の練習に大忙しの毎日ですが、年明けは伝承あそびや室内、外あそびを通して、友達とたくさん遊びました。出席率が高いといわれる星ぐみの元気の秘訣は、とにかくよく遊ぶこと!寒さに負けず元気いっぱいの星ぐみの姿をごらん下さい。

福笑い

お正月の伝承あそびとして福笑いをつくりました。
2日間に渡り、時間をかけて作り遊びました。

1日目~パーツ作り~

制作

手鏡を見て、自分の顔のパーツを観察中・・・。
「口唇プニョプニョや。」「目の上に毛があるー!」
「歯は1.2.3・・・いっぱい!」等、自分の顔での発見がいっぱい!!
それをひとつずつ画用紙に描いて、台紙に並べて遊んでいます。

2日目

福笑いのおもしろさは、目隠しをしておもしろい顔になるところという事が
伝えたかったところです。決められた正解より自分で生み出したおもしろさ。
一緒に笑える友達。そんな経験ができたみたいです(*^_^*)

目隠ししている間に手直ししちゃう姿も・・・

出来が気になって、ちらっと見ちゃう姿も・・・

「自分の作品が1番!!」と思える子ども達の笑顔こそ
本当の福笑い(*^_^*)

外あそびがだーいすき♪

外あそび

暦の上では大寒でしたが、本当に暖かい。
「お外あそびが大好き!」

袖も上までめくりあげて
お団子も上手に作れるようになったね!

わんこそばが食べたくなるのは私だけでしょうか?
年長ぐみのあそびを、みようみまねでしています。

ボールあそびも大好き。
子ども同士でのキャッチボールも少しずつ続くことが増えました。

残念・・・今日はお部屋の日も・・

室内遊び

粘土で遊んでいたある日です。
ただの『まる』『ヘビ』ではなく、何かをイメージして作れるようになったところが成長です。

『恐竜』らしいです。出来ではなく、何かをイメージする事が大事。

『ケーキ』『お皿』です。
イメージしたものが形になっています。

『はるまきー』だそうです。
多分、その日のおやつメニューです。子ども達の頭の中っておもしろいですね。

毎年お楽しみの・・・

毎年、3月の新級式の日に持って帰る『あれ』が着々と完成に向かっています。
今年は何をつくっているのでしょうか。
世界に1つしかない子ども達手作りの『あれ』をお楽しみに\(^o^)/

2019/2/1更新