ひかりぐみ担任:小埜 結花・畑野 里左子
インターネット通信 VOL.79(2020/3/1更新)

担任からのメッセージ

2月は『おおきなかぶ』の劇ごっこを中心に、節分の行事や様々な制作・戸外遊びを楽しみました。生活発表会では、一人ずつ登場するところ、保育者や友だちと一緒にセリフのやりとりをするところを見ていただき、お子さんの成長を感じていただいたのではないでしょうか。ひかり組で過ごす時間も、あと1ヶ月となりました。ほし組に進級すると、2階に上がり午睡がなくなります。1つお兄さん・お姉さんになる事に期待を持ちながら過ごしていきたいです。

節分

節分

鬼の冠制作

色紙の折り目に沿って
細長く切っています。

切った色紙をクルッと丸めて
輪っかをたくさん作ります。

画用紙に輪っかとツノをつけて
鬼の冠の完成です!

恵方巻

今年の恵方である『西南西』の方向をむき
サラダ巻き寿司をほおばりました。

念願の大和公園

外あそび

大和公園に行く予定の日に雨になることが2回あり
この日は久しぶりに遊びに行きました。

年明けから何度も楽しんだ凧揚げ。
広い公園では、ぐんぐん高くあがり喜んで追いかけていました。

たこあげ

たくさん走って、ベンチで一休み。

「あれあれ!?寝ちゃったのかな?」

3階園庭

「畑を耕していま~す♪」

外に出ると必ずリクエストのある
「むっくりクマさん」をしているところです。
「逃げろ~!!」クマさんに食べられないように全速力で走ります。
クマさん役を希望する子が多く「ガオ~ッ!」となりきっています。

上着を脱いでたたんでいます。
むずかしいところだけ保育者が手伝い
一人でしようと頑張っています。

帽子と手袋の制作

制作

「さぁ、帽子と手袋のお店ですよ~。」「どれがいいですか?」
保育者が店員になり、好きな色の帽子と手袋の買い物ごっこをしました。

「これにしま~す。」

手袋は、長い毛糸を穴に通します。

帽子は両面テープの上に毛糸をはります。
毛糸1本1本を指先で丸め、配色も考えながら集中して作っていました。

おおきなかぶ

生活発表会

生活発表会では『大きなかぶ』の劇ごっこをしました。
ひかり組の一年間親しんできた自分のマークの動物になり
みんなで大きなかぶをぬきました\(^o^)/
合同練習を重ね、内容を少しずつ変えながら
発表会に向けて取り組みました。

大道具作り

畑の土は、ダンボールにハケとローラーで色をぬりました。

壁面の畑・山・雲をクレヨンで描きました。
午睡中に保育者が絵の具で描き加えました。
目が覚めて完成した壁面を見て「わぁ!すごい!」と目を輝かせていました。

みんなで畑を耕して、かぶの種を植えている場面です。

劇ごっこの中で、みんなの大好きな
『むっくりクマさん』をして遊んでいる場面です。

3歳のお誕生日おめでとう

お誕生日おめでとう

楽しみにしていた誕生日会(*^_^*)
ひかり組全員が3歳になりました\(^o^)/

2020/3/1更新