にじぐみ担任:西村 実穂
インターネット通信 VOL.78(2020/2/1更新)

担任からのメッセージ

急に寒くなり、冬の訪れをひしひしと感じるようになりました。子どもたちは寒さに負けず、毎日元気いっぱいに遊んでいます。お正月遊びやスケート等、この時期ならではの遊びを楽しんだり、粉物作りをしたりと友だちと楽しく過ごしてる様子をどうぞご覧ください。

かるた大会をしたよ

かるた

幼児クラス全員で『かるた大会』をしました。
真剣に札を見て、白熱した戦いを繰り広げています。
自由遊びの時間にも、かるたが流行し、読み手と取り手に分かれて
順番に取り合っています。

さぁ、かるた大会が始まります。

札をよく見て・・・

「はい!!」元気よく声を出し、札をタッチ!!
身体ごと札を取りに行く程白熱しています。

もちつきをしたよ

もちつき

こども園の皆でもちつきをしました。
もち米を洗い、杵ををしっかり持って「よいしょ!よいしょ!」と声をかけ
もちつきをしました。自分たちでついた、出来たてのおもちは格別に美味しいですね!

「ゴシゴシ!シュッシュッ!」
しっかり米を洗うよ(*^_^*)

「重い~!」「よいしょ~!よいしょ~!」

「出来たてのおもち、美味しい~!!」
「きなこ・しょうゆチーズのり巻き・あんこ味のおもちだよ。」

ドキドキ たこ焼き作り

たこやき

関西の食文化にはかかせない『粉物!』
その中でもたこ焼き作りをしました。型に生地を流し具材を入れると
「何かお店みたい!」「どうやって丸くなるのかな?」とワクワクしながら作っていました。

「フードプロセッサーを使ってキャベツを細かくするよ。」
あっという間に細かくなる様子に「はや~い!!」と驚いていました。

「たこのかわりに入れるウィンナーを切るよ。」
何度も包丁を使ってクッキングをしているので、もうお手のものです。

「トントントン・・」
机の端を使って、卵にひびを入れ、「いざ!パカッ!」
「やった~きれいに割れたぞ!!」

卵とたこ焼きの粉と水を入れて生地作り。
「しっかり押さえて、ゆっくりゆっくり、だまをつぶしながら混ぜたよ。」

生地を型に入れて、具材をその中に入れていくよ。
「この辺にパラパラっと入れようかな~」

「よっと」「う~ん難しいなぁ!」

皆上手にたこ焼きをひっくり返し、まん丸になりました!
出来たたこ焼きはバットへ入れるよ。
「このまん丸たこ焼きにしよう~!」

皆でスケートに行ったよ

スケート

ポートアイランドスポーツセンターにあるスケートリンクへ行きスケートをしました。
最初は慣れないスケート靴やツルツル滑るリンクに戸惑っていましたが
すぐに慣れ、手離しで歩く子どももいました。
「また行きた~い!」と、とても楽しんでいました。

「手すりを持って、ゆっくりゆっくり歩くよ(*^_^*)」

「手を離して慎重に・・・」
リンクを横断!!

「転ばずに横断できたぞ~!」
「やった~!もう一回挑戦だ!!」

お誕生日おめでとう

お誕生日おめでとう

「6歳になりました(*^_^*)」

2020/2/1更新